コスモスの置き場所(植えつけ場所)

コスモスの画像 コスモスの画像

コスモスの画像 コスモスの画像


 コスモスの置き場所(植えつけ場所)

 ●このページでは、コスモスが元気に育つ鉢の置き場所、植えつけ場所についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク



 コスモスの置き場所(植えつけ場所)

 コスモスは、もともとメキシコの高原地帯を原産とする植物で、水はけの良い土と、明るい日当たりの良い場所、風通しの良い場所を好みます。


 庭植えや花壇でコスモスを育てるときには、水はけの良い土を用意して、できるだけ日当たりの良い、風通しの良い場所に種まき、あるいは苗の植えつけを行います。

 鉢植えでコスモスを育てる場合も、水はけの良い土と、明るい日当たりの良い場所、風通しの良い場所という条件は同じですが、鉢植えは庭植えや花壇と違って、自由に置き場所を移動することができますので、置き場所をいろいろと工夫してみてください。


 ●開花期前のコスモスの置き場所と注意点

 当サイトの、コスモスの種まき時期と種のまき方のページでもご紹介していますが、コスモスは、ある程度生育すると、一定時間よりも光の当たる時間が短くなったことを感じ取って花芽を作り、花を咲かせます。このような植物のことを、短日植物(たんじつしょくぶつ)といいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【種子】コスモスベルサイユ ミックスサカタのタネ
価格:324円(税込、送料別) (2017/2/11時点)

 そのため、開花期が近くなった頃に、夜間も街灯や部屋の明かりなどが当たる環境に置くと、コスモスが”まだ昼間が長い”と勘違いをして、花が咲かなくなるということが起こります。

 そのため、コスモスの開花期が近くなってきたら、夜間の街灯や部屋の明かりが当たらないようにする工夫が必要です。

 鉢植えであれば、夜間光の当たらない場所に移動すればいいので、比較的簡単ですが、庭植えや花壇の場合は光を通しにくい寒冷紗などで覆って光を遮っておくようにしてください。

 ただし、これはコスモスが最初の花芽を作って開花するまでで、それ以後は必要ありません。コスモスは、最初の花を咲かせたら、あとは夜間明るい場所でも花を咲かせるようになります。

人気の高いコスモスの種の一覧は、こちらからご覧いただけます。

コスモスがすくすく育つ花の培養土一覧は、こちらからご覧いただけます。


 * * * 


スポンサーリンク


 当サイト、「コスモスの育て方」では、初めてでも安心して始められるコスモスの育て方のコツと、上手なコスモスの花の咲かせ方をご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。



スポンサーリンク


コスモスってどんな花?


  コスモスの故郷(原産地)と気候風土  コスモスの種類と品種

コスモスの育て方


  コスモスに適した環境  コスモスの用土と土作り
  コスモスの種まき時期と種のまき方  コスモスの苗の植つけけ方
  コスモスの水やり  コスモスの肥料と与え方
  コスモスの置き場所(植えつけ場所)


スポンサーリンク


コスモスの育て方のトップページへ

運営者情報 / プライバシー・ポリシー / リンク集

Copyright(C) コスモスの育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system