コスモスの種類と品種

コスモスの画像 コスモスの画像

コスモスの画像 コスモスの画像


 コスモスの種類と品種

 ●このページでは、一般ではあまり知られていない個性的な花色や姿を持つコスモスの種類と品種についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク



 コスモスの種類と品種

 コスモスといえば、淡いピンクや赤い花が思い浮かびますが、最近では白や黄色、チョコレート色のコスモスもすっかりとおなじみになりました。

チョコレートコスモス 3.5号苗
価格:594円(税込、送料別)


 こうした様々な色合いを持つコスモスのなかで、最もよく知られているのが、コスモス・ビピンナタスCosmos bipinnatus)という学名を持つ、赤やピンクの花を咲かせるコスモスです。

■タネ■コスモス 美色混合2ml
価格:162円(税込、送料別)


 コスモス・ビピンナタスは、別名大春車菊(オオハルシャギク)とも呼ばれ、庭や花壇、鉢植え、そして休耕田を利用したコスモス畑や、コスモスの巨大迷路などでもおなじみの、コスモスの代表的品種です。

 私たちがふつうにコスモスと呼んでいるのは、主にこのコスモス・ビピンナタスとその園芸品種のことで、そのなかでも最もよく知られているのが、1930年頃のアメリカで作出されたセンセーションという名前の早生品種です。

 今では、秋桜(アキザクラ)という風情のある和名でも知られ、日本の秋を代表する花として親しまれているコスモスですが、もともとはメキシコの高原地帯を原産とする草花で、昼の時間が短くなると花芽を作り開花する短日(たんじつ)植物という性質を持っています。

 コスモスには、開花するタイミングの違いによって、7月頃から開花する夏咲き品種と、9月以降に開花する秋咲き品種、そして、昼間の長さにはあまり影響を受けることなく、種まきからおよそ3ヶ月で開花する早生品種とがあります。

 ちなみに、早生品種のコスモスを早咲き系、昼間の長さを感じ取って花を咲かせる夏咲き品種と秋咲き品種のことを遅咲き系と呼ぶこともあります。

 では、そんなコスモスの中から、人気の高い品種をいくつかご紹介してみましょう。



 コスモスの代表的品種

 ●センセーション:センセーションは、昼の長さにあまり影響を受けることなく花を咲かせる早生種の代表的品種で、コスモスといえばこの品種を指すくらいよく知られています。センセーションは、1930年代頃のアメリカで作り出され、丈夫で育てやすく、花が大きく美しいことで知られる、とても人気のある品種です。



 ●イエロー・ガーデン:もともとコスモス(Cosmos bipinnatus)の花色には、淡いピンクの系統しかありませんでしたが、そのコスモスに初めて仲間入りした黄色い花色を持つ品種が、このイエロー・ガーデンです。イエローガーデンは、秋咲きコスモスの代表的品種としても知られています。



 ●シーシェル:コスモスは、別名秋桜とも呼ばれ、その花弁(花びら)が桜の花のような形のようであることから、その名で呼ばれるようになったのですが、シーシェルは、コスモスの仲間でありながら花びらが筒状になっている個性的な品種で、その特徴的な花の姿で高い人気があります。このシーシェルも、昼間の長さにあまり影響を受けずに開花する早生品種のコスモスです。



 ●ソナタ:ソナタは、主に鉢植え用のコスモスとして用いられることの多い、草丈の低いコンパクトなコスモスの品種です。丈夫で育てやすく、生長の早い品種で、他の品種に比べると、開花期間がやや短い傾向があります。


人気の高いコスモスの種の一覧は、こちらからご覧いただけます。

コスモスがすくすく育つ花の培養土一覧は、こちらからご覧いただけます。


 * * * 


スポンサーリンク


 当サイト、「コスモスの育て方」では、初めてでも安心して始められるコスモスの育て方のコツと、上手なコスモスの花の咲かせ方をご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。



スポンサーリンク


コスモスってどんな花?


  コスモスの故郷(原産地)と気候風土  コスモスの種類と品種

コスモスの育て方


  コスモスに適した環境  コスモスの用土と土作り
  コスモスの種まき時期と種のまき方  コスモスの苗の植つけけ方
  コスモスの水やり  コスモスの肥料と与え方
  コスモスの置き場所(植えつけ場所)


スポンサーリンク


コスモスの育て方のトップページへ

運営者情報 / プライバシー・ポリシー / リンク集

Copyright(C) コスモスの育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system